金利が上がったら返済額は増える?

住宅ローンの借り換え:イメージ

金利が上がったら返済額は増える?

例えば、金利が2.5%の時であれば、
35年返済で、3500万円を借りた場合の、年間返済額は150万円。
しかし、金利が1%上がって、3.5%になると、
同じ150万円の年間返済額で、いくら借りれるかというと、
3000万円に減ってしまいます。


頭金が、500万円だとすれば、2.5%の金利の時には、
4000万円のマイホームが買えたのに、
金利が1%上がったら、3500万円の物件しか買えないという事。
この結果、どういうことが起きるかというと、
物件価格の引き下げです。
買える人がいなくなったら、値下げや値引きを行って販売するしか
なくなってしまいます。

住宅ローンの見直し、借り換え 住宅ローンの無料相談
 

Copyright © 2006-2012 住宅ローンの借り換えの超豆知識。. All rights reserved