住宅ローンの借り換え:変動金利

住宅ローンの借り換え:イメージ

住宅ローンの借り換え:変動金利

変動金利型は、金利を年に2回見直しますが、
5年間は、毎回の返済額は変わらない。
6年目には、その時点での借入金残高と、
金利で計算する事になっています。
ただし、前回の返済額の1.25倍を超えないと言う事が条件です。
5年間は、返済額が一定金額の為、金利の見直しで、
金利が高くなれば、利息部分が増加し、元金部分を減少させます。


逆もあって、見直しごとに返済額の内訳は変化します。
したがって、5年固定金利型に比べて、
経過期間後の借入金残高が、減えいません。
金利の上昇があれば、毎月の返済額を上回る金利部分が発生し、
未払い利息を生ずる他、元金部分の減少がなくなる危険性もあります。

住宅ローンの見直し、借り換え 住宅ローンの無料相談
 

Copyright © 2006-2012 住宅ローンの借り換えの超豆知識。. All rights reserved